2/4はアイスランドナイト!


今週末、2/4に高円寺HIGH+AMP cafeで行われるアイスランドナイトに出演させていただきます。

2012/02/04(sat)
SPLIT PRYTHM presents アイスランドナイト
at 高円寺HIGH+高円寺AMP cafe

協賛:アイスランド航空日本総代理店・㈱ヴァイキング(http://www.icelandair.jp/
open/start 17:30/TBA
adv:\2000+1drink(\500)/door:\2500+1drink(\500)

【HIGH】
[Guest DJ]
Ametsub (nothings66)
http://www.drizzlecat.org

東京を拠点に活動する音楽家。
現在までに2枚のフルアルバムを発表。
2009年にリリースし、昨今のシーンでは未だに異例のセールスを記録中、
大きな話題を呼んでいる最新作”The Nothings of The North”は、坂本龍一の「2009年のベストディスク」に選出され、ドイツの老舗レーベルMille Plateauxから見事にライセンス・リリースが決定した。
ClammbonやTujiko Noriko等のリミックスを手掛け、Vladislav DelayやFennesz、AOKI takamasa、竹村延和、Jel(Anticon.)等との共演を重ね、Ovalやraster-noton来日時のDJも務める。
d.v.dやworld’s end girlfriendなどで活躍するドラマーJimanicaとのコラボレーションも始まり、
Jimanica×Ametsub としてのミニアルバムが2007年にリリース。
初ライブではPARA、clammbon、toeと共演。
また、sonarsound Tokyo、Sense Of Wonder、渚音楽祭、Summer Sonic 09などの大型フェスティバルにも出演を果たし、2009年夏にはアイスランドでのライブも敢行。
新たに始まった音楽フェスティバル、De La Fantasiaでは、高橋幸宏や小山田圭吾(Cornelius)、Ryoji Ikeda、Carsten Nicolaiらと共演。そのライブは大きな反響を呼び、大型カウントダウンイベントへ、Mixmaster Morris やDJ Krushらと共に出演という成果を収める。
2011年春にはスペインのLEV Festivalに出演が決定し、
Apparat、Harmonic313、Photek、Johann Johannson、Jon Hopkinsらと共演。
暗く美しい唯一無二の世界観と、壮大な情景を描写する様な音楽性はアンダーグラウンドなファンから絶大な支持を仰ぎ、エレクトロニック・ミュージックの根底から決してブレる事のない姿勢は、大きな注目を集めている。

[Live]
kanína
http://web.kanina.jp

クラシカルで美しい世界観から生み出されたひとつの「物語」を音と歌で奏でる、
他に類を見ない新しい手法を提示。
バイオリンやピアノを取り入れ、従来のバンドサウンドにとらわれない自由な表現方法で独自の音楽を模索し、具現化している。

[a short story]と名付けられたひとつのちいさな物語。
少年の旅が、今はじまる。

Móshimoss(dynamophone records/Neguse Group)
http://www.kosukeanamizu.com/

1979年山梨県生まれ。音楽家、イラストレーター。山梨の音楽レーベル Neguse Group 主催。
Kosuke Anamizu 名義で、独 TRAUM や mule electronic からリリースした、テックハウス・ミニマルダブなどの作品で知られる。
2008年夏にアイスランドを訪れ、そのダイナミックな景観・文化に強い衝撃を受け、帰国後、Móshimoss
名義での活動を開始。2010年には米 dynamophone records より『Hidden Tape
No.66』をリリース。2011年には、L.E.D. feat. 原田郁子の『I’ll 』のRemix
EPにリミキサーとして参加。現在、セカンドアルバムを制作中。

Lööf(kilk records)
http://www.myspace.com/lo2o2f

2009年冬、Yasuto Koibuchi (gt, key, sampler, programming)Chihiro (vox,
lyrics, artwork)
により東京にて結成。
ポストロック、アンビエント、エレクトロニカ等を軸に活動中の二人組ユニット

Yasuto Koibuchiによるシンプルなフレーズを複雑にオーバーダブしたサウンド、Chihiro
のアブストラクトなアートワークと歌詞、北欧を思わせるヴォーカルが独自の世
界観を作り出し、欧米の高感度なリスナーを中心に支持を集める。

自らの作品制作と平行して、国内外のバンド、イベント等のリミックスワーク、
アートワークを手がけクリエーティビティを発揮している。

Anrietta(Novel Sounds)
http://sleep-anrietta.sakura.ne.jp/

2009年結成。
女性ボーカルを擁する、5人組セカイ系ドリームポップバンド。
情景的なサウンドと造語による透きとおるボーカルが重なる物語性の強い楽曲は、
バンドサウンドというよりは「世界」そのものを創りだす。
世界を始める音楽。

現在1stアルバム製作中。
NovelSoundsよりリリース予定。

[VJ]
yuma saito

1985年生まれ、福岡県出身。大学入学を機に上京し、そこで出会った音楽家•小瀬村 晶、クリエイター•菊地 慎と共に
音楽レーベル“schole”を設立。以後CD、雑誌などのデザイン、アートワーク制作を行う。
2010年より本格的に映像制作を開始し、国内外で活躍するクリエイター集団“ZAKURO / ZAKROCK”のメンバーとして、
ライブやイベントでのVJ活動を行う。
また、様々なジャンルのアーティストのミュージックビデオ制作など、活動の場を広げている。

【AMP cafe】
[DJ]
moromusic
Echo Watari
katz(RYE GALERIE)
http://www.ryegalerie.com/
TAK.S(SPLIT PRYTHM)
morrissy(CHIMERA)

当日はライブイベントの他、展示やアイスランドの衣服やCD、アクセサリーなどの販売もあるそうです。

日本でアイスランドの雰囲気を味わうことができる、素敵なイベント!
今から本当に楽しみです!

チケットのご予約は、コンタクトより、【お名前】【枚数】を明記の上、お送りください。

Snowdrops & forget me not


もう少しの間だけ、この2曲が無料ダウンロード可能となってます。
是非聴いてみてください。

夏、秋に向けて、新しいアルバムをリリース予定なので、そろそろレコーディングの準備にとりかかります。

いい音を届けられるように制作に励みます。

12/14のotoito出演者紹介。


12/14に行われる【otoito】の出演者を紹介します。

kanina

-「物語」を映像化し音で伝える –
自由な表現方法で独自の音楽を模索し、その世界を具現化。

2009年に1st alubum [a short story]を発表。
リリースパーティーにはMONOをゲスト招き、イベントを開催。
その後、全国ツアーを行う。
2009年9月にドラムが脱退し、2人体制に。
2010年には、映画「生きている」のサウンドトラックをOTOTOYより限定リリース。
2011年、活動拠点を東京に移し、春と夏に2度の海外ツアー(Europe・UKツアー)を行う。

[a short story]と名付けられた ひとつの小さな物語。
少年の旅が今始まる

mokyow

2007年の夏に東京のインストバンド、AnoiceのメンバーであるTakahiro Kido, Takahiro Matsue, Tadashi Yoshikawaの3人によって、より自由な音楽を制作、演奏するためのサイドプロジェクトとして結成。2008年ファーストアルバムVariations for SpiegelをRicco Labelよりリリース。その後2009年末に新たにKenichi Kaiが加わり4人バンドとなる。現在はメンバーによるピアノ、オルガン、ギター、ハーモニウム、テルミン、トランペット、サックス、クラリネット、フルート、グロッケンシュピール、ベース、ドラムだけでなく、ゲスト演奏家によるヴォーカル、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、ハープなどのアコースティック楽器とエレクトロニクスを融合することによって演奏活動を行っている。

urbansole

藤島泰文/Vo,Gu,Ba,Dr
2000年、藤島を中心にバンド結成後、現在もメンバー在住の新潟を拠点に都心、地方問わず活動を展開中。Ba脱退をきっかけにVoがギターとベースの両方を担ぎ、同時に演奏するスタイルへと変更。Dr脱退に伴いドラムも手掛けるようになり、ヴォーカル、ギター、ベース、ドラムを一人で同時演奏する現在のスタイルとなる。シーケンサー、MTRとの同期演奏などは行わず生演奏のみで演奏される。完全自主制作の音源はいずれも無料で3rdシングルに合わせて初映像作品となるMVクリップ集”piano/宮殿”MV(urbansoleオフィシャルWEB、youtubeで閲覧可)も制作。kilk records所属。
現在まで発表されている音源に 1st mini album “無題”(2007)、2ndシングル”———–”(a song named “Michael”)(2008)、3rdシングル”piano/宮殿(2009)の自主制作盤(すべて無料配布)がある。

ポッグカウチナゲット

ツインギター、ハンドマイクボーカル編成の5人組バンド。
緻密に練られた多種多様な楽曲構成、エモーショナルなサウンドやステージング、それらに等身大の唄を乗せて、独特の世界観を表現している。
屈折しながらも、喜怒哀楽を真摯に伝えようと、人間の本質をバンド全体で表現する。

現在、大型フェスで活躍するバンドと数多くの競演を果たし、そのライブパフォーマンスに賛同と定評を得ている。
2010年5月26日、初の正式音源となる1st mini album『妄言と連日』を、稲毛K’sDream店長の田中幸一氏がレーベルオーナーを務める、ART BOX recordsよりリリース。それに伴い、「妄言DE連日ツアー」と題して、全国17ヶ所のリリースツアーを行う。

発売前から、TOWER RECORDSバイヤー達の間で話題となり、新人としては異例ともいえる販促展開を得て、TOWER RECORDS渋谷店インディーズチャート第2位、新宿店でインディーズチャート第3位、邦楽総合チャート第10位を獲得。その他にも軒並みチャートインを獲得。確実にその名を全国に拡げている。

szpilman

茨城県水戸市にて2006年結成。
Vo.Gt/田家、Dr/大澤、Ba/廣木のスリーピースバンドだったが、2009年に廣木脱退後、Vo/田家、piano/大澤という形態になる。
2010年に新たにBa/安藤、Dr/中村が加入し、現在の形態に至る。
現在は都内、北関東を中心にライブを行っており、2010年には水戸ライトハウスにてワンマンライブを行っている。
2011年4月、1st mini Alubum[やがて、心も使い果たして。]をリリース。
メロディーセンスの光る田家の歌に、切ないピアノサウンドが唯一無二のROCKを創り上げる。

12/14(wed)@高円寺HIGH
[otoito]

kanina with Takumi Nakazawa[aureole],Ryota Okazaki[aureole]
mokyow
ポッグカウチナゲット
urbansole(新潟)
szpilman

open/start 18:00/18:30
ADV/DOOR \2000/2500 (+1drink\500)

今回のkaninaはAureoleのベース岡崎君と、ドラムのたくみがサポートで参加してくれます!
http://aureolemusic.net/

バンド編成でライブというのはかなり久々なので、すごく楽しみです!
是非観に来てください!

ten minutes after アートチーム紹介


12/15に出演する、ten minutes afterのアートチームです。
毎回素敵な空間を演出してくれています。
今回は初のギャラリー化なので、どんな風になるのかすごく楽しみです!

つまこ

創造写真屋
NikonF3を愛用。
パソコンなどで加工をせずに撮影時にフィルムで色を表現しています。
思い描いた世界を手作りし、フィルムに写す、ただそれだけ。
とってもアナログな写真です。

akani

絵を描くのが好きです。
絵と向き合った時、自分と向き合えるからすきです。
出来上がったモノでまた新しいものが生まれるから好きです。
楽しいのです。
絵描きとかそうゆうのではなく、絵を描くのが好きな女の子です。

らぱん*ふるーる

羊毛や毛糸などを使って作った手作りの雑貨やアクセサリーの販売

Ulica

1988/09/25生まれ
甲南大学写真部OB
活動はspoon+のカメラマンや個展、グループ展、イベント企画など。
普段は、かけだし編集者。

2011年12月15日(木曜日)@北堀江club vijon
[ten minutes after]~music marketvol.5~

【Live show】
[Guest]
about tess

[Act]
kanina / uchuu, / spoon+ / saritote;

[OA]earthlayforfiction

【Gallery】
つまこ / akani / らぱん*ふるーる / Ulica

【Cafe】
Wattz Ojisan

OPEN/START 17:00/18:00 ADV/DOOR ¥2,000/¥2500 別途Drink代¥500
ローソンチケット L-CODE:59791
(バーカウンターのギャラリーまでのご入場はドリンク代¥500のみでご入場頂けます。フロアでライブをご覧になられる場合は入場料がかかります)
会場販売:有 (問)北堀江club vijon

12/15のten minutes afterについて


ちょうど一ヵ月後はten minutes afterです。
全ての出演者が決定しました!

2011年12月15日(木曜日)@北堀江club vijon
[ten minutes after]~music marketvol.5~

【Live show】
[Guest]
about tess

[Act]
kanina / uchuu, / spoon+ / saritote;

[OA]earthlayforfiction

【Gallery】
つまこ / akani / らぱん*ふるーる / Ulica

【Cafe】
Wattz Ojisan

OPEN/START 17:00/18:00
ADV/DOOR ¥2,000/¥2500 別途Drink代¥500
ローソンチケット L-CODE:59791
(バーカウンターのギャラリーまでのご入場はドリンク代¥500のみでご入場頂けます。フロアでライブをご覧になられる場合は入場料がかかります)
会場販売:有 (問)北堀江club vijon

今回のten minutes afterは、新しい事に挑戦します!
このイベントをずっとやってきて初の試みです。

ギャラリーになったライブハウスはどんな風になるのか、今からすごく楽しみです。

そして来年から新しいことを始動させようと思ってるので、もろもろ決まってくれば発表しようと思っています。

本気で面白い事をやっていきます!

kilk records and MUSIC.ORG presents 「幽玄郷」


12/4にkilk records and MUSIC.ORG の共同企画イベントに出演します!

kilk records and MUSIC.ORG presents 「幽玄郷」
2011年12月4日(日)
南池袋ミュージック・オルグ
LIVE: Meme / kanina / Lööf / köttur / ELECTRIC WOOCHESTRA
18:00open / 18:30start
ADV / DOOR: 2000円 (ドリンク別)

声をかけてくれた、Aureole / kilk recordsの大地くん、ありがとうございます!
Lööfさんやkötturさんとも久しぶりに一緒にできるので、めっちゃ楽しみです!
そしてミュージック・オルグさんでライブするのは初めてなので、それも楽しみです!

話はちょっと変わりますが、早いもので、もう来月は12月・・・
東京にでてきて1年が経とうとしています。

いろんな事がありましたが、刺激がいっぱいの東京に出てきて正解だったなぁと思います。

今年も残り一ヵ月半!めいいっぱい楽しみます!

チケット予約は右にある”Contact”より【公演名】【お名前】【枚数】を明記の上、ご連絡ください!